• 交通事故治療
  • スポーツ障害
  • お悩み別症状
  • とがわ接骨院のご案内
  • アクセス

手で触れて知り、手の技で知慮する…患者様と共に考え、共に理解する…あなただけのオーダーメード治療を!!

ホーム > ノルディック・ウォークについて

ノルディック・ウォークについて

ノルディック・ウォーク

適正な長さのポールを使用することにより、背筋が伸びて広い歩幅で歩ける事は、ノルディック・ウォーク経験のある方は皆さん、体感されていると思います。

では、なぜ背筋が伸びると、広い歩幅で歩けるのでしょうか??
人間の成長は25歳ごろに完了し、40歳代まで身体の働きが保たれ、40歳代後半頃より老化現象が始まります。老化にともなって、背骨や筋肉が弱くなり関節も固くなると、上半身を少し前に屈めるような姿勢になります。このとき骨盤は前傾していて、腰痛の原因につながるとともに、重心も安定感のある理想的な位置から外れるため、転倒の危険性も高まります。

この骨盤の前傾位が、適正な長さのポールを持ち、正しく地面に接地することで修正され、背筋が伸びた状態になると、①骨盤の前傾位が修正されることにより、股関節部前方にスペースが出来て関節の可動性が広がり、足が振り出しやすくなります。更に背筋が伸びた姿勢は、②体幹のローテーション(ウエストラインでの捻り運動)が大きくなります。
これらの作用により、背筋を伸ばすと広い歩幅で歩くことが可能になると考えられます。

ひとりで悩まれている方ご相談ください

新着情報

一覧を見る

2018/06/28

<お盆休みのお知らせ>
8月12日(日)~8月18日(土)までを休診とさせていただきます。
8月11日(土)は祝日ですが、通常診療いたします。
宜しくお願いいたします。

2018/06/28

<2018年7月のノルディック・ウォークについて>
次回は、7月12日(木)午前(9:00出発)に行います。
ノルディック・ウォークに伴い、
午前は休診とさせて頂き
午後は通常診療となります。

宜しくお願い致します。

2018/05/11

<ノルディック・ウォークについて>
ウォーキングについて暑さ対策の為、6月から午前に変更となります。
9時出発になります。

アクセス


大きな地図で見る

■住所
奈良市紀寺町765-7

電話番号

受付時間

お問い合わせ 詳しくはこちら