• 交通事故治療
  • スポーツ障害
  • お悩み別症状
  • とがわ接骨院のご案内
  • アクセス

手で触れて知り、手の技で知慮する…患者様と共に考え、共に理解する…あなただけのオーダーメード治療を!!

症状別について

スポーツによる症状別について

ジャンパー膝について
原因

ジャンパー膝はその名の通りジャンプ動作の多用を原因として発症します。
ジャンプ動作は、飛び上がった瞬間と着地した瞬間の二度にわたって膝に強い衝撃を 与えます。飛び上がった瞬間は自分の体重を持ち上げた分の衝撃が掛かりますが、着地した瞬間は自分の体重に重力を加えた衝撃が膝に掛かります。
膝への強い衝撃を伴うジャンプ動作を繰り返すことで、膝を動かす腱の損傷を招き炎症の原因となっているのです。

治療法

ジャンパー膝は放置しておくと腱の断裂を招いたり骨が前に凸出したりする為、出来るだけ早いうちに対処しておく必要があります。初期のジャンパー膝は、運動後のアイシングで痛みを沈め炎症を抑えるように心がけます。
ジャンパー膝の症状はジャンプ動作に伴って起こりますが、単に安静にするのは効果がありません。
治療と練習を並行的に行うことが重要です。
完全に痛みが消えてから復帰しようと考えると、時間がかかりすぎます。その間に筋力は低下し、スポーツ能力も低下します。
細かな症状を聞き、観察し繰り返し行うことで完治に向かいます。
まさに患者様と先生のコミュ二ケーションが重要と言えるでしょう。

▲topに戻る

・野球肘について
原因

野球肩と野球肘は、投球時のオーバーヘッドスローイング動作が原因となって起こるスポーツ障害といえます。野球はスポ根ドラマの題材にされやすいように、 血のにじむような練習を積み重ねることを美徳としているスポーツという特徴があります。野球の指導者にしても投げ込んでコントロールを身に付けるなど、運動量の多い練習を好む人物が多いのも野球の特徴ともいえます。

治療法

野球肩や野球肘の治療は、投球練習の休止は一般的ですが、過度の安静は回復を遅らせます。
痛みの強い動作は避けて次第に正常に戻すことが重要です。
練習をさせながら治療を進めるには集中的な治療が必要となります。
短期間で痛みを減少させ、早期復帰は筋力低下を防ぐことになります。
また投球フォームの改善を行うことは重要です。

▲topに戻る

・テニス肘について
原因

正式名称を上腕骨外側上顆炎と呼ばれ、肘より先の外側の筋肉を使いすぎた時に起こります。
その筋肉は主に手首をそらすときに使われ、テニスで言うバックハンドの状態と同じ動作になります。
その為テニス選手に多いことからテニス肘と呼ばれています。

治療法

上腕骨外側上顆炎は腕の筋肉がパンパンにはった状態で手首を動かすことにより起こるので、まずは腕の筋肉を緩め、肘部に起こった炎症を冷却により取ってあげる必要があります。
場合によっては運動時だけ、専用のサポーターをつけて作業をされる事をお勧めしますが、常時つけていると血行不良を起こすのでサポーターは最小限にして、こわばった腕を緩める治療をしましょう。

▲topに戻る

・シンスプリント(頚骨疲労性骨膜炎)について
原因

シンスプリントはスネの内側下1/3か上1/3が好発部位で、膝から下の筋肉の緊張が原因でその筋肉の付着部である所に引き剥がされようとする力が働いて、骨と筋肉が付着する場所(骨膜)に炎症が起こった状態を言います。

治療法

まずは原因になる筋肉の緊張を取ることを第一に考え、早期回復のベースを作ります。
次に骨膜炎へのアイシングや物理療法を行い、早期回復ができるようにします。

▲topに戻る

・疲労骨折について
原因

同じ骨に何回も同じ負荷が加わり、しまいに骨や骨膜に損傷を起こしたものを言います。
レントゲンでは痛みが出現して2週間以降にならないと診断ができません。
代表時なものとして、足の甲やスネ(シンスプリント)、肘の内側部(投球による剥離骨折)、ゴルフによる肋骨骨折などがあります。

治療法

骨折と言う名前がついていても、きれいに折れるわけではないので基本は骨折の治癒、日数の目安の期間安静ですが、早期復帰を希まれる方は骨折治療機を使用すると通常の6割程度の期間で治癒することができます。

▲topに戻る

・オスグットについて
原因

大腿部(ももの前側)にある、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の機能低下です。つまり、この筋肉が疲労で伸びにくくなってしまう(縮んでしまう)ことです。
小学校高学年~中学生くらいの成長期に起こる症状で、スポーツ等をしているお子さんによく見受けられます。
運動の際に膝を曲げたり、走ったりという動作はさらに筋肉を収縮させてしまい痛みが増すことになりますので、注意しましょう。

治療法

通院の目安は、症状の状態にもよりますが約3~4回です。また、期間は2~3週間くらいに通院していただければと思います。
数回の施術で良くなる場合が多いですが、再発させない為には、スポーツの練習は一週間程度休むのが理想です。
どうしても休めない場合は、練習をしながらの通院でも問題ありませんので、気になることはお気軽にご相
談下さい。

▲topに戻る

ひとりで悩まれている方ご相談ください

新着情報

一覧を見る

2018/06/28

<お盆休みのお知らせ>
8月12日(日)~8月18日(土)までを休診とさせていただきます。
8月11日(土)は祝日ですが、通常診療いたします。
宜しくお願いいたします。

2018/06/28

<2018年9月のノルディック・ウォークについて>
次回は、9月13日(木)午前(9:00出発)に行います。
ノルディック・ウォークに伴い、
午前は休診とさせて頂き
午後は通常診療となります。

宜しくお願い致します。

2018/05/11

<ノルディック・ウォークについて>
ウォーキングについて暑さ対策の為、6月から午前に変更となります。
9時出発になります。

アクセス


大きな地図で見る

■住所
奈良市紀寺町765-7

電話番号

受付時間

お問い合わせ 詳しくはこちら